MENU

皮膚の黒ずみ原因と解消を考える

皮膚の黒ずみの原因は何だろう

皮膚の一部が黒くなってしまっている事があります。
ではどのような原因によって引き起こされてしまうのでしょうか。

 

一つは毛穴が黒くなって行ってしまうという事です。
皮膚の黒ずみ自体は遠目に見ると何だか黒くなっているという事も少なくありません。
近くに寄ってみてみると、毛穴が黒くなっている場合があります。
これは古い角質が溜まっていている事も多く、丁寧に洗う事によって解消される事が少なくありません。

 

もう一つは乾燥と刺激です。
肌は思っているよりもデリケートな場合が多く、下着等でこすれるだけでも刺激を感じている場合は少なくありません。
そうしたこすれた状態が続いてしまうと、結果的に乾燥が進んでしまう事があります。
乾燥している肌はトラブルを引き起こしやすく、肌の状態そのものがあまり良く無くなってしまう場合も多くなります。
その為、肌のターンオーバー自体が上手くいかなくなってしまって結果的に黒ずみとなってしまうのです。

 

後は角質が溜まっているという事です。
本来角質と言うのはある程度の状態で剥がれ落ちて行く物ですが、それがそのまま蓄積してしまうと、結果的に皮膚が固くなってしまう事に繋がります。
固くなった皮膚は柔らかい物に比べるとはるかに色が黒くなってしまう為、皮膚の黒ずみにつながってしまうのです。

 

この様に、皮膚の黒ずみには色々な原因があります。
実際に黒ずみを解消しようと思う場合は、何が原因かを明らかにし、それに合わせて処置する事が必要不可欠です。

皮膚の黒ずみをなんとかした体験談

膝小僧が汚かったのです。正座をよくしていたし、ジーンズを常に履いていた私の膝小僧は汚かったのです。いざスカートをはいたときに衝撃を受けました。膝小僧が汚い、というだけで脚が汚いように見えるのです。この皮膚の黒ずみをとるにはどうしたらよいのか、考えました。私の実際の体験談です。まず、膝をつく習慣をやめました。雑巾がけでも膝をつかないように意識しました。ピタッとしたジーンズを履かないようにしました。バギーパンツのようなゆたっとしたものが流行っても私は俄然スキニー派だったのですが、ジーンズが擦れて黒ずみの原因になっていたのです。そうやってまず原因を取り除いてから黒くなってしまったものをどうにかしていきました。方法は美白パックをするというようなことではなく、早く新しいきれいな皮膚になるようにするということです。膝をピーリング剤でピーリングし、そして乾燥でも黒くなるのでがっつりと保湿、そんなこんなで三か月ほどで薄くなってきて気づけば1年、今はぱっと見ではわからないほどになりました。

 

皮膚の黒ずみといっても様々な部位が黒ずみます。
特に恥ずかしいと思う部位としてデリケートゾーンがあります。
そのデリケートゾーンの黒ずみケア商品をこちらのサイトで紹介しているのでデリケートゾーンの黒ずみが気になるという方はチェックしてみてください。